進路指導

高い目標を持ち、その目標に向かい諦めず努力する生徒を育てます

指導概要

単に大学に合格することを目標にするのではなく、自分の志望する将来像を見据え、そこから進路を決定できるよう徹底サポートしていきます。カリタスの進路指導「夢実現プロジェクト」は、担任や学年団だけでなく、司書教諭(データ・ベース検索指導)・カウンセラー(客観的自己認知)・大学の先生方といった多様で専門的な指導を織り込みながら、生徒たちをサポートしていきます。 とくに中学では、自分と社会を知り、自らの将来を考える機会を体系的に設定し、生徒一人ひとりの志望の実現を効果的に進められるようステップを踏んだキャリア教育を行います。

進路指導の流れ
中学1年 現在の自分を知る:自分から見た自分と他人から見た自分。
・授業を大切にし、計画的な家庭学習の習慣を身につける。
・「中学生のころの身近な大人」について取材、レポートにまとめる 他
中学2年 社会の中で生きる・職業に目を向ける:自己資源特性への理解をベースに。
・夢実現プロジェクトの活動を通して社会に目を向け、自分を知り、将来の生き方(働き方)を考える。
・職業調べ、専門家講話、ボランティアをとおした「働くこと」学び、社会人による講演 他
中学3年 自分の将来について考える:自己実現のための最良の進路選択を目指して。
・将来の職業や学びたいことを考え、自分の志望にあったコースを選択する。
・進路適性検査、卒業生講演、企業訪問、大学生(卒業生)による少人数の個別進路指導 他
高校1年 学力の充実をはかる。
・志望する学部・学科の内容を理解し、学習の目標をしっかりともつ。
・コース制のもと、大学進学を意識した進路指導
高校2年 志望進路を決定する。
・大学・学部・学科の志望を明確にする。
高校3年 志望進路を実現する。
・進路志望調査や個人面談をもとに、生徒一人ひとりに対応した志望進路の実現をサポート

このページのトップに戻る▲