施設・設備

明るく安らぎのある学び舎

現校舎での授業が始まったのは2006年4月。学びのシンボルである図書館を学校の中心に配し、学校全体がコミュニケーションの場となるよう 工夫された設計となっています。自然光あふれる明るい空間、 随所から目に飛び込む四季折々の自然、「学習の場」と「生活の場」が独立して確保された環境で、素晴らしい6年間を過ごしましょう。

校舎

正門を入ると「プラース」と呼ばれる大きな広場があります。中央にはカツラの木があり、登校する生徒を迎えてくれます。

フォワイエ

フランス語で「人が集まる場所」という意味。文化祭では軽音楽部やオーケストラ部、コーラス部がここで発表します。

図書館

光あふれる図書館には4万冊の本があり、本選びがとっても楽しいです。集中して勉強できる「自習コーナー」もあります。

カフェテリア

お昼休みにはパンやお弁当、プリンやゼリーも買えます。カリタス生の憩いの場。

聖堂

暖かみのある間接照明に包まれた空間は、とっても心が落ち着きます。

講堂

全校生徒が一堂に会する講堂。入学式や卒業式もここで行われます。

中庭

中庭は綺麗でみんな大好きな場所。休み時間に友達と遊ぶ事ができます。

校務センター

「職員室」ですが、生徒と教員とのコミュニケーションの場所でもあってほしいと、この名称にしました。テーブルや椅子、ソファーが置かれ、昼休みや放課後は質問や相談する生徒であふれます。

ホームベース

ホームルーム教室の隣にあるクラス専用のスペース。下駄箱やロッカー、いす・テーブルが置かれ、くつろぎとコミュニケーションのスペースとなっています。このスペースの活用により、教科教室に「生活」部分を持ち込むことなく、教室を学習の場として確立させています。1人1つずつカギつきのロッカーがあります。

ホームルーム教室

毎日使う教室はカリタス生の思い入れも格別!窓から見える四季を感じながら1年間を過ごします。

グラウンド

人工芝でトラック1周は200mあります。

プール

校舎外東側にあるプール。半屋内、半屋外型の建物で、最大水深1.55m、7コースの25mプールと、最大水深0.85mのサブプールがあります。

作法室

ここで礼法を学んでいます。百人一首大会もここで開催されます。

電子掲示板

各学年コーナーには2台のモニタが設置され、それぞれ学年向けの情報と全校生徒向けの情報が表示されています。必要な情報は自分でチェックするという、自律を促す仕組みの一つです。

カウンセリングルーム

カウンセリングルームでは、みなさんと共に悩み、考え、充実した学園生活を送るためのお手伝いをするところです。
生徒はもちろん、保護者の方々の相談も受け付けています。
また、相談が入っていない昼休み・放課後は自由にすごせるオープンスペースとして開放しています。

教科センター

教科担任による様々な展示物やお知らせ、生徒の優秀作品、ミニ学習コーナーが設置されています。教師が授業で扱いきれなかった情報の発信、 加えて生徒からの発信もあり、生徒同士の学び合いの機会を作り出します。教科を媒体とする学習コミュニケーションの場として活用されています。

国語科センター

「昭和コーナー」「季節を知るコーナー」「歴史のコーナー」などテーマ別に展示しています。各学年の授業で出てきた作品も紹介しています。

数学科センター

「数学者について」「数の起源について」など様々なレポートが新聞形式でまとめられています。また、テストのたびにテスト問題と上位者がここに貼り出されます。

理科センター

手にとって見られる標本、簡単にできる実験道具、様々な生き物などが数多く展示されています。身近に「理科」を実感できると、生徒にも好評です。

社会科センター

課題の優秀レポートから「これも社会科なんだ」と目からウロコの展示物まで幅広く展示。教員や生徒から様々な情報発信があり、社会科の興味の「種」があちこちに。

英語科センター

季節ごとにディスプレイされる英語の教科センターは、英語の学習、行事の紹介、生徒の作品掲示など情報発信の場となっています。貸し出し用の英語の雑誌や書物もあります。

フランス語科センター

フランス語に興味をもってもらえるよう雑誌や漫画を置いたり、フランスの文化が感じられる掲示物、留学生との交流記事などを展示しています。