施設・設備

明るく開放的な校舎

現校舎での授業が始まったのは2006年4月。学びのシンボルである図書館を学校の中心に配し、学校全体がコミュニケーションの場となるよう工夫された設計となっています。自然光あふれる明るい空間、 随所から目に飛び込む四季折々の自然、「学習の場」と「生活の場」が独立して確保された環境で、素晴らしい6年間を過ごしましょう。

プラース

正門を入ると「プラース」と呼ばれる大きな広場があります。中央にはカツラの木があり、登校する生徒を迎えてくれます。

フォワイエ

生徒玄関を入ってすぐのところある広場は「フォワイエ」と呼ばれています。フランス語で「人が集まる場所」という意味です。床にはカリタスの教育理念である「信」「開花」「交わり」「奉仕」がラテン語で記されています。マルグリット祭では、軽音楽部やオーケストラ部、コーラス部がここで発表します。

図書館

図書館は校舎の中心に位置づけられています。蔵書は4万冊で、生徒からのリクエストも受け付けています。授業中に図書館で調べものをしたり、グループワークをしたりすることもあります。自習コーナーもあり、朝や放課後には集中して学習に取り組む生徒たちの姿があります。

カフェテリア

お昼休みにはここで昼食をとることもできます。パンやお弁当の販売もあります。自動販売機では飲み物の他、プリンやゼリーも買えます。生徒たちの憩いの場となっています。

聖堂

正門から入ると真正面に位置付けられているのが聖堂です。自然光を取り入れた明るい聖堂で、心を落ち着けて祈ることができます。ロザリオの祈りの集いやアンジェラスの会主催のミサなどが行われています。普段は開放されており、生徒たちは祈りたいときに自由に祈ることができます。

講堂

講堂には全校生徒が一堂に会することができます。毎週水曜日の朝の会を始め、様々な機会に講堂に集まります。入学式や卒業式もここで行われます。

中庭

中庭の木々や鳥のさえずりに、季節を感じることができます。自由に出ることができるので、休み時間にはここで遊ぶ生徒たちの姿もあります。

校務センター

一般的に「職員室」と呼ばる場所です。カウンターの外にはテーブルや椅子、ソファーが置かれ、生徒と教員とのコミュニケーションの場にもなっています。昼休みや放課後には、教員に質問や相談をする生徒であふれています。

ホームルーム教室

日中は各教科の教室に移動して授業を受けますが、毎日の朝礼と終礼は各クラスに割り当てられたホームルーム教室で行います。

ホームベース

ホームルーム教室の隣にあるクラス専用のスペースです。教室が各教科の「学習の場」であるのに対し、ホームベースはクラスの「生活の場」という位置づけです。生徒一人ひとりに下駄箱とダイヤルロック付きのロッカーがあり、登校してきた生徒はここで靴を履き替え、荷物の整理を行います。テーブルと椅子も置かれ、くつろぎとコミュニケーションのスペースとなっています。

グラウンド

人工芝のグラウンドです。放課後にはソフトボール部やフットサル部が活動しています。トラック1周は200m。横にはテニスコートもあり、放課後にはテニス部が活動しています。

プール

半屋内、半屋外型の建物で、最大水深1.55m、7コースの25mプールと、最大水深0.85mのサブプールがあります。

作法室

畳敷きの和室です。ここで礼法を学んでいます。百人一首大会もここで開催されます。

カウンセリングルーム

カウンセリングルームでは、常駐のカウンセラーが生徒や保護者の方々の相談を受け付けています。昼休みや放課後で予約が入っていない時は、生徒たち自由にすごせるオープンスペースとして開放しています。

教科センター

それぞれの教科ゾーンには「教科センター」と呼ばれるスペースがあります。授業に関する掲示や、教科への興味・関心を高める展示、学習をサポートする教材など、教科ごとに様々な工夫が施されています。また生徒自身の作品も展示され、互いに刺激を受けながら共に学び合う雰囲気が生まれています。

国語科センター

「昭和コーナー」「季節を知るコーナー」「歴史のコーナー」などテーマ別に展示しています。各学年の授業で出てきた作品も紹介しています。

社会科センター

課題の優秀レポートから「これも社会科なんだ」と目からウロコの展示物まで幅広く展示。教員や生徒から様々な情報発信があり、社会科の興味の「種」があちこちに。

数学科センター

「数学者について」「数の起源について」など様々なレポートが新聞形式でまとめられています。また、テストのたびにテスト問題と上位者がここに貼り出されます。

理科センター

手にとって見られる標本、簡単にできる実験道具、様々な生き物などが数多く展示されています。身近に「理科」を実感できると、生徒にも好評です。

英語科センター

季節ごとにディスプレイされる英語の教科センターは、英語の学習、行事の紹介、生徒の作品掲示など情報発信の場となっています。貸し出し用の英語の雑誌や書物もあります。

フランス語科センター

フランス語に興味をもってもらえるよう雑誌や漫画を置いたり、フランスの文化が感じられる掲示物、留学生との交流記事などを展示しています。