アンジェラスの会

カリタスの奉仕活動

 生徒の奉仕活動の会として、長い歴史を持つのが「アンジェラスの会」です。中学1年生は「総合的な学習の時間」において全員参加の形で活動を行っています。中学2年生以上は有志が集まり、毎週木曜日の放課後を中心に、様々な活動を行っています。

◆活動の3つの柱 … 「祈る」「学ぶ」「働く」

「祈る」
 奉仕が空しい自己満足に終わらないためには、祈りが必要です。祈りを通して、静かに自らを省みることができます。そして、そこに働いている神さまの愛に気づくことができます。
 カリタスでは年間を通して、様々な宗教行事が行われます。アンジェラスの会の生徒たちは、その宗教行事においても積極的な役割を担っています。

   例)放課後に行われるミサの準備・奉仕、マリア祭・クリスマス会で劇などの発表
   イースターエッグ作成(中1に配布)

「学ぶ」
 この世界には、苦しい状況に置かれた人、誰かの助けを必要としている人がたくさんいます。そのような「小さくされた人々」の存在に気づくことが、自らを行動へと駆り立てます。
 アンジェラスの会では広く社会に目を向け、学びの機会も大切にしています。

 例)春の錬成会(校内)、夏の錬成会(聖ヨハネ学園訪問)

「働く」
 聖マルグリット・デュービルは、「小さくされた人々」のために自らを捧げました。具体的な行動を通して、神さまの愛(カリタス)を実践していったのです。
 聖マルグリットの姿にならい、アンジェラスの会ではさまざまな奉仕活動を行っています。できることはわずかですが、生徒たちはそれらの活動を通して奉仕する心を養っていきます。

 例)教育里親活動、保育園訪問、街頭募金、地域の福祉まつりのお手伝い
   マルグリット祭でのチャリティーバザー、近隣の福祉施設訪問、地域清掃
   回収活動(古切手、ペットボトルキャップ)


ユニセフ街頭募金・春の錬成会
ユニセフ街頭募金 春の錬成会

◆アンジェラスの会・1年間の流れ◆
時 期 活 動
4 月 新入生祈りの集いでイースターエッグ配布
5 月 中学マリア祭で劇などの発表
6 月 ミサ奉仕、多摩ふれあい祭のお手伝い
夏休み 夏の錬成会(聖ヨハネ学園訪問)
9 月 文化祭(マルグリット祭)チャリティーバザー
11 月 ミサ奉仕、ユニセフ街頭募金
12 月 クリスマス会で劇などの発表
2 月 ミサ奉仕
3 月 春の錬成会

このページのトップに戻る▲