学校生活

2020年10月27日 新着情報

ロシアの学校との交流

ロシアのハバロフスクにある学校との交流が始まりました。

第一回目の今日は、ロシアから約30名、カリタスからは約40名が参加し、オンライン会議システムを使って交流しました。

まずは、お互いの学校についての3択クイズです。生徒たちは事前に準備していたスライドを使って、カリタスについてのクイズを英語で出題しました。「カリタスのシンボルツリーはなんでしょう?」「カリタスはラテン語でどんな意味でしょう?」など、カリタスをよく知ってもらうための工夫が凝らされていました。

その後は少人数のグループに分かれての交流です。お互いに日本語とロシア語で自己紹介をしたりしました。「もっと話したい!」という気持ちを残したまま、交流の時間は終わりをむかえました。

日本語、英語、フランス語、ロシア語を交えての交流は初めてでしたが、楽しい時間を過ごす事ができました。

※今回のご縁をつないでくださったのは、公益財団法人国際文化フォーラムです。国際文化フォーラム主催の多文化共生を考えるイベントにカリタス生が申し込んでいたのですが、この度のコロナ禍で参加できなくなりました。残念に思っていたところ、素敵な学校交流のお話をいただきました。
2020年10月26日 新着情報

中2英語の授業風景

今日の中2英語のテーマはハロウィン。英語でハロウィンの起源について学んだあと、ハロウィンの飾りを作りました。
生徒たちは英語で書かれた作り方の説明書を読み解きながら、楽しそうに飾りを作っていました。




2020年10月19日 新着情報

放課後自習室の様子

後期から、放課後の自習室も再開しています。届け出を出した生徒は19時まで利用できます。

感染予防のため、座席間の距離の確保や消毒の徹底などの対策を施しています。

中間テストを目前に控え、夜の自習室から生徒の熱気が伝わってきます。

2020年10月5日 新着情報

ロシアの学校との交流

カリタスではこれから、ロシアのハバロフスクにある学校と、オンラインで交流することになりました。メールやビデオレター、オンライン会議システムなど使って、向こうの学校の生徒たちと交流をする予定です。

今日の昼食時には、向こうの学校の紹介ビデオを視聴しました。日本とは全く違う学校生活の様子に、生徒たちも興味津々でした。



2020年8月4日 新着情報

オンライン朝学習

中2と中3では、夏休みにオンライン朝学習を行っています。オンライン授業の経験を活かして、今年新しく始まった取り組みです。



オンライン会議システムで繋がりながら、各自で集中して学習に取り組みます。その日の学習内容を決めるのは生徒自身。ロイロノートを使い、始める前に「今日やること」を、終わった後に簡単な振り返りを提出してもらっています。朝8時から30分だけの取り組みですが、そのまま集中して学習を続ける生徒も多くいます。



夏休み前からいち早くオンライン朝学習を実施していた中2では、参加者が日を追うごとに増え、今朝は70名を超える生徒が参加しました。オンラインで繋がっているだけとは言え、「同じ時間に友達も頑張っている」ということが大きな刺激になっているようです。



あくまで希望者のみの参加ですが、参加している生徒たちからは前向きなコメントが数多く寄せられています。

「いつも夕方にやっていることを朝に終わらせられるのは、とても気持ち良かった。」

「オンラインで集まっているからこそ静かに集中して出来るのが良いです。」

「朝の30分はとても大切な時間なんだなと感じました。」

「朝学習に参加したことで、朝のダラダラしてしまう時間が無くなりました。」

「休みの日は何度意識してもお昼くらいまで爆睡してしまうから、このオンライン朝学習に凄く助けられてる…!」



2020年7月30日 新着情報

卒業生講演会

今日、中学3年生を対象にオンラインで卒業生による講演会が行われました。社会に出て活躍している卒業生の話を聴き、自分自身の進路を考えるための企画です。



講演してくれたのは看護師の石井茉莉絵さん。手術室看護師の仕事のことや海外での医療支援活動のことなど、興味深いお話をたくさん聴かせてくれました。今も新しいことを学び続けている先輩の姿に、生徒達もたくさんの刺激を受けたのではないでしょうか。講演の後にはたくさん質問が寄せられ、全てに答えきれないほどでした。



石井さんからも、「熱心に聴いてくれている中学生の姿からたくさんの刺激をもらった」との言葉をもらいました。



2020年7月2日 新着情報

分散登校スタート

今日から分散登校が始まりました。毎朝の検温や健康観察カードの提出、手の消毒や距離の確保など、感染予防のために様々な対策を施した上での登校再開です。



午前中は中学生、午後は高校生が登校し、学年集会や各クラスでのオリエンテーションを行いました。新しい学年、新しいクラスで集まる最初の一日。久しぶりの再会を喜び合う生徒たちの姿があちこちで見られました。



中1の生徒たちにとっては、本当に初めての登校でした。最初は緊張している様子でしたが、オンラインで毎日顔を合わせているだけあって、すぐに打ち解けたようでした。これから学校での生活にも少しずつ慣れていくことでしょう。



明日も引き続きオリエンテーション。そして来週からは時差登校で授業も始まります。



2020年6月30日 新着情報

オンライン講演会

昨日7限のLHRの時間、中3~高2ではオンライン講演会が行われました。



ご講演いただいたのは大阪大学 理学研究科 宇宙地球科学専攻 准教授の佐伯和人先生。佐伯先生はJAXA月探査「かぐや」プロジェクトの地形地質カメラグループ共同研究員でもあり、月着陸実証計画SLIM(2022年度打ち上げ予定)、月極域氷探査計画(2020年代半ば)など、複数の月探査プロジェクトに参加なさっています。



今回は「宇宙大航海時代の夜明けに巣立つみなさんへ」というタイトルで、これからの時代を担う生徒たちに力強いメッセージをいただきました。



宇宙探査の最先端の話に、生徒たちは興味津々。講演会の後には、宇宙に関する質問が次々に飛び出しました。



2020年6月26日 新着情報

高3「化学」 動画での入試対策講座

高校3年生の「化学」ではYoutubeを活用して大学入試の対策講座を行っています。担当教員に様子をレポートしてもらいました。

高3「化学」では大学入試対策の一環として、YouTubeでハイレベル演習講座を開講しています。



YouTubeの活用は、学校にタブレットが導入された昨年度、高2「化学」の授業で試験的に始めたものです。予め解説動画を収録しておき、生徒たちは自分のペースでその動画を観ながら学習を進めていきました。



今年度の高3「化学」では、授業内で行う演習とは別に、発展的な内容を動画に収録し、生徒向けに公開しています。



収録された動画ですので双方向のやり取りはできませんが、生徒が自分の好きな時間に学習できる、一時停止や倍速再生などを使って自分のペースに合わせて学習できる、レベルに応じて視聴する動画を選べるなど、メリットもたくさんあります。今年度公開している動画は大学受験を見据えたハイレベル演習講座ですので、通常の授業を通して基礎を身に着けた上で視聴してもらえればと思います。



今年度は初めての大学入学共通テスト。不確定な要素もたくさんありますが、少しでも安心して準備を進められるようにサポートしていきたいと考えています。






2020年6月23日 新着情報

数学デー

火曜日の放課後にはオンラインで補習や講座、相談室などが開かれています。



数学科では「数学デー」と題して、オンラインで問題の解説をしたり質問に答えたりしています。複数の教員が待機し、生徒のニーズに個別対応しています。その他、中3から高2を対象に発展的な内容を扱う「ハイレベル講習」も開いています。



意欲を持って自ら学ぼうとする生徒たちを、教員たちがオンラインでサポートしています。