新着情報

2021年6月16日 新着情報

パリ「La Tour中学高等学校」との交流

3月7日(日)に続き、5月29日(土)日本時間の17:00~18:30、パリ16区にあるカトリックの私立の中高一貫校であるLa Tour中学高等学校とオンライン交流会を行いました。

La Tour中学高等学校は語学教育に力を入れており、日本語は第3外国語として学ぶことができます。

前回は高校生同士の交流でしたが、今回はフランス語科の教員が前から実現を目指していた中学生同士の交流です。

カリタスから中学3年生7名、La Tourから6名の参加となりました。

以下、担当教員からのレポートを紹介します。


当日のプログラムはミニ・スピーチとブレイクアウトルームを用いたおしゃべりタイムでした。

まずLa Tourの生徒たちが

「パリの交通手段」

「フランスのいくつかの建築」

「友達とパリですごした一日」

について発表しました。

それからカリタス生が

「 日本の伝統的な遊びLes jeux traditionnels japonais」

「野球とソフトボールの違い(ちがい)La différence entre le baseball et le softball」

「日本の食文化Culture culinaire japonaise」

「クラブ活動について Les activités de club」

について発表しました。

続いてLa Tourの生徒が

「チーズの地図」

「モンマルトル」

「フランスの発明」

最後にカリタスが

「カリタスの学校生活 Une journée à l’école Caritas」

「日本の教科書について Les manuels au Japon」

「 学校の好きな場所Mes endroits préférés à l’école」

について発表しました。



カリタス生は、発表テーマを「中学3年間の学習事項を使いながら自分と関連する事柄で日本紹介をしよう」と定めて準備をしました。

La Tourの生徒さんの発表も素晴らしく、「いつかフランスに行ってみたい!パリに行ってみたい!」とみんなが思ったことでしょう。



私は常々、生徒たちが「楽しい!ワクワクする」という気持ちを持てるようなチャンスや環境を整えてあげたいと思っています。

そうすれば、自然と生徒たちの学習意欲に火がつき、自身の世界がどんどん広がり、人生が面白く、豊かなものになると考えています。

多感な時期に、お互いの言語を学ぶ若い世代が出会うことで生まれる友情や好奇心。

それは、世界平和の小さな、しかし大切な一歩に繋がるのではないか。

そんな期待を込めて、9月以降にもオンライン交流企画をしていきたいと考えています。



日本とフランスの2つの文化を14歳、15歳同士の視点で発表し合う交流は、発見がたくさんで、ブレイクアウトルームでのフリートークは、本当に楽しかったようです。

以下、生徒たちの感想です。


フランスに住んでいる同い年の子達と話せて、良い経験になりました。

お互いに相手の言語を学んでいるため、気負いなく話すことができました。

フランスの子たちも積極的に話しかけてくれてとても有意義な時間でした。

多分私たちにわかりやすいように意識しながら話してくれたので、わからない単語などで悩んだ時もあるけれど、会話が成立した時は嬉しかったです。

しかし日本語で普段するようなペースでフランス語の会話をするのは今回よりも難しいと思うのでこれからも一生懸命勉強しなくてはならないと改めて思いました。

また機会があれば必ず参加します。

難しいかもしれませんが、長期的なプログラムを通して学びを深められる機会も欲しいと思っています。
フランスに住んでいる同世代の子と交流することは、無くとても貴重な体験をさせて戴きました!

フランス語は難しくてわからない場面もあったけれど、とても楽しくて勉強をするモチベーションとなりました。

また、機会があれば参加させていただきたいです。 ありがとうございました!
フランスの発明品など、学校の授業では扱わないような内容に関するスピーチを聞くことができ、フランスに対してより興味を持つことができたと思います。

自分の話しているフランス語が相手に伝わらないこともあり、他言語を使わずフランス語だけで自分の言いたいことを伝えることの難しさを痛感しました。

相手に伝わる話し方などをよく考える大切さを知ることができ、とても有意義な時間を過ごせました。

また機会があれば参加できると嬉しいです。


2021年6月15日 新着情報

カトリック倫理の授業紹介

高校2年生のカトリック倫理の授業を紹介します。

今回の授業では、チョコレートのフェアトレード問題について理解を深めるワークショップを行いました。



それぞれ立場の異なるガーナや日本の家族の役割がグループごとに与えられ、得られた収入を何に使うのかをグループで話し合って決めました。

その後、それぞれの家族の状況を全体発表することで、境遇の違いについて理解していきました。

ある生徒が演じたガーナの女の子の「学校へ行きたい…」という一言が教室に響き渡ります。



ガーナのカカオ農家の様々な立場を学んだ生徒たちは、次回以降この問題についてさらに深めて考えていきます。



2021年6月11日 新着情報

中1英語アドバンストクラスの授業風景

中1の英語アドバンストクラスの生徒たちがプレゼンテーションをしていました。
「ダイバーシティ」をテーマに理想のイングリッシュ・キャンプを考える、という内容でした。
始まる前は皆緊張しているようでしたが、どのグループも英語で堂々と発表していました。

2021年6月10日 新着情報

バすけっと部の活動

カリタスでは木曜日は宗教・奉仕活動の日と位置づけられています。
「バすけっと部」(バスケットボール部の有志生徒による奉仕活動グループ)は今日、通学路の草刈りを行いました。川崎市公園緑地協会の方々にご指導いただきながら、一生懸命取り組みました。

2021年6月4日 新着情報

本校生徒がラジオ番組に出演します

昨年に引き続き、今年もカリタスの高校生がラジオに出演することになりました。

本日は番組スタッフの方にご来校頂き、収録を行いました。



今年出演するのは奉仕活動グループのアンジェラスの会の高校2年生5名です。

アンジェラスの会が日ごろどのような活動をしているかを紹介したり、学校生活について語ったりしました。

生徒たちも貴重な体験を楽しんでいました。



収録後、アンジェラスの会オリジナルキャラクター「チャーリー君」の手作りマスコットをスタッフの方にプレゼントしていました。

このマスコットは、昨年のコロナ禍においても近隣施設の方に何か支援したいと、アンジェラスの会がチャリティー販売していたものです。



放送は2週にわたって行われます。どうぞお聞きください。



番組名:TOMAS presents High School a GO GO!!(TBSラジオ)

放送日:6月21日(月)、6月28日(月) 21時~



2021年6月4日 新着情報

6月8日(火)「ししょく会」の中止と代替企画のお知らせ

本校も参加予定だった6/8(火)の「ししょく会」が中止となりました。

https://www.shishokukai.com/

代替企画として、オンラインにて個別相談会を開催いたします。

6/8(火)の10:30~12:00の時間内で、本校の教職員が10分程度、個別に相談をお受けします。

順番にご案内いたしますので、混雑時はお待ちいただく可能性がございます。

予めご了承ください。



「ししょく会」にて本校の個別相談に参加予定だった方でオンライン個別相談をご希望の方は、以下のサイト(ミライコンパス)からお申し込みください。

参加方法を後ほどお知らせいたします。


⇒ミライコンパス

2021年6月4日 新着情報

中学2年生タマロジー

今週、中学2年生は多摩川に出かけていき、水生生物の観察を行いました。

多摩川や多摩丘陵の自然を教科書としてフィールドワークを行う、タマロジーという本校独自のプログラムの一環です。



生物の中には、きれいな水にしか暮らせないものもいれば、逆に汚い水にしか暮らせないものもいます。

どのような生物が見つかるかによって、多摩川の水の水質を調べることができます。

今年度は天候にも恵まれ、たくさんの種類の魚や昆虫などを発見することができました。



生徒たちはこれから振り返りを行い、多摩川の水質について考察していきます。



2021年6月3日 新着情報

中高マリア祭

昨日6月2日(水)の6・7限に、マリア祭を行いました。



例年中学生は講堂で、高校生は学年ごとに教会へ赴いてミサに与りますが、今年度は各教室で、講堂で行われている講演会とミサの中継を見るという形となりました。


マリア祭は、アンジェラスの会(奉仕活動の会)の中学三年生による、世界の名画と共にマリア様の生涯を振り返る発表から始まり、さらに校長先生のお話を聞き、マリア様の生き方について改めて深く学ぶことができました。

ミサでは、自分の祈りと、ミサで読まれる聖書の部分から印象に残った言葉をひとりひとりがカードに書き、祈りの花束として奉納しました。



理不尽なことや困難なことに遭ったときに、急いで答えを求めようとするのではなく、まず立ち止まり、じっくりと自ら考える。その態度こそがマリア様の「強さ」であったのだということに気づき、これからの生き方について考えるよい機会となりました。

*アンジェラスの会の中学三年生が飾ったマリア様の像

*各学年の祈りの花束