生徒活動

2021年4月19日 新着情報

新入生歓迎会・クラブ紹介の様子

役員会の高校2年生が中心となって、新入生歓迎会を開きました。

例年は全校生徒が講堂に集まり、クラブ活動ごとに紹介や発表を行います。今年度は新入生は講堂で、上級生は教室でビデオ中継を見ながらの参加となりました。

カリタスのクラブ活動に関するクイズに挑戦し、クラスごとに点数を競い合いました。

今日からいよいよ仮入部期間となりました。今日と明日の放課後は、新入生向けのクラブ勧誘会です。

新入生たちはクラブそれぞれの個性が光るブースに目を輝かせ、憧れの上級生の説明に聞き入っています。

*新入生歓迎会

*クラブ勧誘会の様子

2020年12月5日 新着情報

オンライン文化祭の動画作品を一部ご紹介します

9月に行われましたオンライン文化祭(マルグリット祭)で各団体が制作した動画作品を一部ご紹介します。

これらの作品はクラスや部活動などの団体が1動画あたり3分までを上限に制作したものです。

オンライン文化祭の開催期間中、校内限定で公開されていました。

どうぞご覧ください。

童話『カリスと仲間達』 前編
(中学2年5組 ①)

童話『カリスと仲間達』 後編
(中学2年5組 ②)

カリタス60周年記念クイズ
(中学2年5組 ③)

Teens’ Cafe Online
(クッキング部)

アレンジメント
(華道部)

美術展
(美術部)

新感覚RPG
(有志団体『朱雀』)

2020年11月10日 新着情報

マスク販売を通した支援活動

アンジェラスの会近隣訪問グループの生徒が、学校近くの福祉施設に製作していただいたマスクを校内で販売しています。



コロナ禍で売り上げが落ちて困っているという施設の方のお話を受けて、今だからこそ何かできることはないかと生徒が考えて企画したものです。

マスクのデザインは学校の校章と学園を象徴する花であるマーガレットで、生徒がiPadを使って原案を作りそれを施設の方に作っていただいたものです。



先日は、購入希望者をwebの申し込みフォームで受付して、学校にて集金しました。

マスクは受注生産という形で現在製作して頂いていますので、どうぞお手元に届くまで楽しみにお待ちください。





*アンジェラスの会の活動については、以下のページをご覧ください。

奉仕活動グループ


2020年11月6日 新着情報

カレースパイス校内販売

昨日の放課後、アンジェラスの会海外支援グループの生徒たちがカレースパイスを校内で販売しました。

教育里親活動で関わりのある「ESAアジア教育支援の会」が販売しているカレースパイスです。

例年は文化祭のチャリティーバザーで販売しており、大好評をいただいています。



2020年10月1日 新着情報

プラース清掃

毎週木曜は宗教・奉仕活動の日。放課後には様々な奉仕活動グループが活動を行っています。



今日はアンジェラスの会校内行事グループが中心となってプラースの清掃を行いました。整美委員会や役員会、文化祭執行部の生徒たちも参加し、大人数でプラースをピカピカに磨き上げました。



2020年9月18日 新着情報

新入生祈りの集い

昨日、新入生祈りの集いが行われました。

今年度は学園聖堂ではなく、三密を避けて講堂での実施です。

学園チャプレンの保久神父様から「祈り」とはどういうものかについて教えていただき、祈りのひとときを持ちました。

集いの中で神父様に祝福していただいた聖母マリアのおメダイが一人一人に配られています。

制服や身近なものに取り付けて、いつも神様の祝福を感じながら学校生活を送って欲しいものです。

2020年9月3日 新着情報

奉仕活動グループ活動再開

奉仕活動グループであるアンジェラスの会、Petit pas de Caritasも、今日から対面での活動を再開しました。クラブ活動同様、生徒たち自身で感染対策を考え、許可を得ての活動です。

施設訪問ができない、学校行事が中止になるなど、例年通りの活動はなかなかできませんが、自分たちに今できることをそれぞれ考えながら活動を行っています。

2020年9月2日 新着情報

クラブ活動再開

今週からクラブ活動が再開しました。それぞれのクラブで必要な感染症対策を考えて、学校の許可を得てから活動するようにしています。

中学1年生にとっては待ちに待った仮入部。生徒たちは毎日放課後を楽しみに過ごしています。

2020年6月25日 新着情報

祈りの集い

今日の放課後、オンラインで祈りの集いが行われました。



アンジェラスの会では毎年この時期に、学校の聖堂でミサを捧げています。今年は登校できない状況であったため、アンジェラスの会校内行事グループがオンラインでの祈りの集いを企画し、今日まで準備を進めてきました。



今回は「世界中の隣人よ」というテーマで、歌を歌い、聖書や詩を朗読し、共に祈りました。学園チャプレンの神父様にもオンラインで参加していただき、お話と祝福をしていただきました。



集いの最後には、「君の笑顔」という歌を歌いました。「それぞれ別々に過ごす中で、不安に駆られることもあるが、共に祈ることで皆一人ではないと伝えたい」「最後は笑顔で終わりたい」という想いで生徒たちが選んだ歌です。



アンジェラスの会の生徒をはじめ、総勢130名の生徒・教員がオンラインでつながり、共に祈るひと時を持つことが出来ました。



準備を進めてきた校内行事グループの生徒の声を紹介します。

「このような場で祈りを捧げる、ただそれだけのことでもそうやって何かの支えに!と考えることが大事なことなのだと思えました」



「皆がそれぞれ、限られた行動の中で出来ることを見つけて行動しています。私は、こうして祈ることが一番身近な私にできることではないかと思いました。そして、それは一種の心の救いになります。そう考えると、祈りは本当に大切なものなのだなと思いました」



2020年6月18日 新着情報

Petit pas de Caritasの活動

木曜日の放課後には、有志生徒による奉仕活動グループがオンラインで活動しています。



Petit pas de Caritas(プティ・パ・ドゥ・カリタス)は今日、新メンバーを迎えて全体ミーティングを開きました。高2の生徒たちがこれまでの自分たちの活動を新メンバーに紹介し、皆でこれからの活動について話し合いました。



これまでPetit pas de Caritasでは、普段お世話になっている施設や団体に連絡を取り、新型コロナウイルス感染症による影響や支援のニーズを取材してきました。それらを全校生徒に向けて発信するために、現在準備を進めているところです。そのために在校生向けの専用サイトも作りました。



また、夏休みのボランティアでお世話になっている福島の認定こども園に向けて、消毒や清掃に使う雑巾などを送ろうと計画中です。近々、全校生徒に向けて呼びかけを行います。







※Petit pas de Caritasは、東日本大震災で被害を受けた東北地方の復興を支援するために、2013年に発足したグループです。主に福島の農家の方々を支援するための活動を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

 ⇒「奉仕活動グループ」