ターム留学

2020年3月25日 生徒活動

オーストラリアやニュージーランドにターム留学している生徒から、新たな現地の様子が届きました。

ターム留学(2020年1月~3月実施)

<ターム留学 6>

ターム留学に参加した生徒6名、みんな元気に帰国しました。一人ひとりが出発前とは違った成長した自分を感じているはずです。3ヶ月間現地で経験したことや学んだことを4月から始まる学校生活で活かしてもらいたいと思います。本当にお疲れ様でした。

~生徒の報告(6)~

「私はこの留学で、本当に多くの事を学ぶ事ができました。そのうちの一つは、とにかく積極的に行動する事の大切さです。例えば分からないことがある時に周りの人にどんどん聞いたりする事は留学生活において1番と言っていいほど大切な事だと感じました。そしてそれは日本で普通に生活をしていてもとても大切な事だと思います。」

セブ2019
セブ2019

「自分の意見をしっかりと主張するという事の大切さも学ぶ事ができました。日本人は自分の意見をしっかりと主張する人が少ないように感じます。休み時間などでの友達との日常会話で感じたことなのですが、日本だと複数人で話している時、「他人の意見をしっかりと聞く」という事が大切とされているような気がしますが、オーストラリアでは「自分の意見をしっかりと主張する」という事が大切とされているように感じました。私も自分の意見をしっかりと主張する事を大切にしていきたいです。」

2020年3月23日 生徒活動

オーストラリアやニュージーランドにターム留学している生徒から、新たな現地の様子が届きました。

ターム留学(2020年1月~3月実施)

<ターム留学 5>

1月に始まったターム留学も終わりが近づいてきました。最初は新しい環境に多少不安を抱えていたと思いますが、今ではすっかり現地での生活に慣れ、毎日を生き生きと過ごしています。一方で、仲良しになった友だちとの別れが近づき、寂しさも感じ始めています。

~生徒の報告(5)~

「こちらでの生活も残すところ少しとなりました。コロナウイルスの影響で学校を休む人が多く見られます。学校が市街地に近いこともあり、遠くから来ている子に会えなくなってしまいました。残り日数が少ない中、この様な状況になってしまい悲しいです。初めの1週目と自分の英語を比べてみると、発音が少しオージーっぽくなったような気がします。ホストファザーは特に訛りが強く、初めはほとんど聞き取れなかったのですが、かなり理解できるほどに耳が慣れました。」

セブ2019
セブ2019

「今回は、最後の学校での過ごし方を紹介したいと思います。バディや、よく話したりする友達と思い残すことがないようにたくさん話すことを心掛けました。最後の週では、いろんな人から『家族と会えるのうれしい?』と話しかけられ『うれしいけど、みんなに会えなくなるのが寂しい』と毎回答えていました。みんなと会えなくなるのはとてもさみしいですが、ここで学んだこと、みんなからもらった思い出は忘れることはありません。この経験を何かに生かすことができるように心がけていきたいです。」

セブ2019
セブ2019

2020年3月19日 生徒活動

オーストラリアやニュージーランドにターム留学している生徒から、新たな現地の様子が届きました。

ターム留学(2020年1月~3月実施)

<ターム留学 4>
ターム留学が始まってから2ヶ月が経ちました。英語漬けの日々を過ごすことで、英語力に自信をつけ、積極的に交流できるようになってきたようです。

~生徒の報告(4)~

「学校生活は、不安は一切なくすっかり慣れました。同じクラスに留学生が一人もいないため、必然的に英語を喋らなくてはならない状況なので、英語力も出国時に比べて上達したと思っています。また、話しかけてくれるのを待つのではなく、自分から話しかけるようにしているので友達が増え、廊下ですれ違った時などに名前を呼んでもらえるようになりました。クラスメイト以外の人とも関わり機会があり、色々な人と話せてとてもいい機会になりました。話すことはまだまだですが、聞くことにはだんだん慣れてきて、先生の話していることや友達の何気ない日常会話も聞き取ることができるようになり、とても嬉しいです。」

セブ2019
セブ2019

「学校で、モーニングティーとお昼の時は、自分の教室で食べるのではなく、全員外で仲がいい人達と一緒に食べるのですが、バディの子とはじめは食べていたのですが、今はクラスで仲良くしてくれている子のグループで食べています。そこのグループには10人程度いて、キウイの子が半分弱ですが韓国、フィリピン、インド、ニューカードニアから来ている子で多国籍だなと感じました。多くの人が「セントメアリーズとカリタスの違い教えて!」などの日本との違いを質問してきて、話していると相手の国のことも知ることができて、とてもおもしろいです。日本にいると、このような様々な国、さらに同世代の人たちと話せる機会はあまりないと思うので、いつもとてもワクワクします。」

セブ2019
セブ2019

「現地校に通える期間が残り二週間のみとなってしまい、まだ現地でもっとたくさんのことを学びたいという気持ちでいっぱいですが、残り二週間だからこそ気合を入れて悔いのないように過ごしたいと思います。前回のレポートで、言いたいことをあきらめないでジェスチャーなどを使うなどして相手に伝えるという目標を立てましたが、これからは正確な英文法を使うよう意識して相手と話すことを目標にします。最後までコミュニケーションをとる機会を逃さないように、より一層気を引き締めてこの留学を終えたいと思います。」

2020年3月2日 生徒活動

オーストラリアやニュージーランドにターム留学している生徒から、新たな現地の様子が届きました。

ターム留学(2020年1月~3月実施)

<ターム留学 3>
ターム留学も残すこと1ヶ月を切りました。生徒たちは日々新しい発見をし、困難な場面に出くわしながら、一つひとつ乗り越えて成長しています。

~生徒の報告(3)~
「現地校の授業や生活を体験してみて、日常的に積極性や、自主性が求められていることを知りました。私が留学を希望した理由は、異文化の体験と積極性の向上が理由でしたが、積極性のある現地の子と行動を共にしたから積極性が勝手に上がるというわけではなく、周りの子の真似をするような形で積極性とは何かを考えて、たくさん学んでいます。積極性を改善していく必要があり、目標達成にはまだまだ至っていませんが、周りからたくさんのことを学べるので、それらを吸収して向上に役立てていきたいと思っています。」

「私の一つの目標であった”日本を伝える”ことは着々と達成できていると思います。友達の中でも、日本に興味のある子が多くいます。お昼や休憩時間の時に友達と話していると、突然他のクラスの同学年の生徒数人に話しかけられ、”Are you Japanese?” と聞かれることがしばしばあります。その時に聞かれる質問は殆ど日本のドラマやアニメについてです。もちろんその質問には答えますが、そのついでに自分のオススメの東京スポットの写真を見せながら”ぜひ日本に来て!”と伝えています。」

セブ2019
セブ2019
セブ2019

「思い返すと、こちらに来てから出発前にはあまり想像していなかったような困難も沢山ありました。例えば、『事前に説明されていた事と現実が違っている』という事が、色々な場面であったり、バスが来なくて学校に少し遅刻してしまったり、終点まで間違えて行ってしまったりなどです。そういう時には、私は『どうしよう、どうしよう』と戸惑うのではなく、『よし!これが人に積極的に質問し解決して成長するチャンスだ!』という風に前向きにとらえるように心掛けてきました。すると、どんな困難であっても解決する事に楽しさを覚え、良いものとして捉えられるようになりました。」

2020年2月18日 生徒活動

2019年度ターム留学(2020年1月~3月)

ターム留学(2020年1月~3月実施)

<ターム留学 1>
 1月の中旬に、オーストラリア、ニュージーランドに向かって、中学3年生6名がターム留学に出発しました。現地の語学学校で英語集中レッスンを受けた後、現地校で3月下旬まで留学生活を送ります。
 英語力に磨きをかけ、異文化交流を楽しみ、友情を育み、日本では出来ない貴重な体験を通し、3月下旬には一回り大きくなって帰国するはずです。
セブ2019
セブ2019
セブ2019



~生徒の報告(1)~
「私のクラスには約12人いて、そのうち私を含めて3人の日本人がいます。(週によって人数は変わってくるそうですがこれは今週の人数です)日本人だけで固まることなく、ニューカレドニアやブラジル、中国、韓国、台湾、フランスなどさまざまな国からきている人たちと休み時間に話すことができました。授業中もみんなが英語を使い、発言するのはもちろん独り言やとっさの言葉も英語で言っていて、私もできるように頑張ろうと思いました。」
セブ2019
セブ2019


「放課後はほとんどホストファミリーの家で、ホストマザー、ホストブラザーと過ごしています。ホストブラザーがまだ幼いので、読み聞かせをしたり一緒に遊んだりとても充実しています。また、ホストマザーとは日本とニュージーランドの違いなどを話したりしてくれて、とても充実しています。ホストマザーや、ほかに留学している方が英語の先生なので、間違いや分からない単語を教えてくれるのでとても勉強になります。」



<ターム留学 2>
 語学学校での集中レッスンが終わり、いよいよ現地校での生活が始まりました。現地校では英語を学ぶだけでなく、英語で普通の教科の授業を受けます。教科によってはかなり難しいのもありますが、クラスメートの力を借りて乗り切ってもらいたいですね。

~生徒の報告(2)~
「今週から現地校での生活が始まりました。初日は始業式だったので、現地の生徒たちの気分も上がっていたようでした。クラスに案内された後、ファーストネームの頭文字順に席に着きました。隣に座った子がバディーとなり、ラップトップのセットアップをしてもらいました。朝礼で出席確認を取り、クラス全体で校則やそれぞれの時間割の確認を終えた後は全校集会でした。」

「初日の午前中は授業ではなくクラスのみんなとゲームをしたり、全校集会があったりしました。そして午後からは授業があり、最初の授業は理科でした。初めて会った時、理科の先生は日本語で『こんにちは。はじめまして』と言ってくださって、とてもフレンドリーだなと思いました。しかし授業の内容を理解するのは本当に大変で、先生の言っていることを一生懸命理解しようとしても分からないことが多くあります。数学は、私達が中2くらいの時に習った内容なのできちんと理解する事ができます。一方、宗教や英語、歴史を理解するのが難しいと感じる事が多いです。」
セブ2019
セブ2019


「授業は単語が難しいので、隣のバディーの子に聞きながら進めています。数学は既に勉強している内容なので理解できていますが、歴史や英語の授業はとても難しいので頑張っていきたいと思います。」

「放課後は、ガイダンスで言われた必要なものを買うために大型スーパーマーケットに行きました。学校からシティがとても近いので、放課後に何か買い足すものがあるときはとても便利です。」

2019年4月5日 生徒活動

ターム留学通信10

14人の生徒は疲れた顔も見せず、全員元気に帰国しました。3ヶ月の留学生活を終えて、一人ひとりが大きな達成感を得ることができたはずです。「私は3ヶ月間留学生活を頑張ったんだ!」という自信を胸に、新年度を迎えてくれることと思います。(写真はニュージーランドの空港での様子です)

2019年2月28日 生徒活動

ターム留学通信8

川崎市と姉妹都市のウーロンゴン市に留学している生徒が、「かわさき国際友好使節」として市役所を表敬訪問しました。副市長にお目にかかり、川崎市長からお預かりした「親書」をお渡ししました。お茶とお菓子をいただきながら、川崎市とウーロンゴン市の違い、留学生活、ホストファミリーなどについてお話をしました。
公式な場面で英語を話さなくてはいけないので、とても緊張したそうですが、川崎市の代表として両市の友好親善にささやかな貢献することができました。二人にとって忘れられない貴重な体験になったはずです。

2019年2月18日 生徒活動

ターム留学通信7

 生徒たちは現地での生活にすっかり慣れて、友だちと一緒に楽しい時間を過ごしているようです。
 そんな生徒から写真とメールが届きました。

 

 Some of my friends are interested in Japanese. One of them always says to me, ‘Konnichiwa!’ when I meet her. She is so nice and I love her. Another friend has hosted many Japanese students, so she knows a lot about Japan and she showed me many Japanese writing utensils and stickers given by the students.
 Last Monday, we had a special event of ‘hinamatsuri’ at school. Some of us wore yukata. We showed origami, calligraphy and made green tea. Many people came and enjoyed it. My buddy folded a paper crane and she liked it a lot.

<抄訳>
 日本語に興味を持っている友だちがいて、いつも「こんにちは!」と声をかけてくれます。とても親切で大好きです。日本人の生徒を受け入れたことのある友だちは日本のことをよく知っていて、もらった文房具などを見せてくれました。 先週の月曜日には学校で「ひな祭り」が行われ、何人かで浴衣を着ました。折り紙や書道、茶道を披露しました。大勢の人に楽しんでもらえました。私のバディは折り紙で鶴を作って、とても喜んでいました。

2019年2月18日 生徒活動

ターム留学通信6

現地校では、授業だけでなく学校行事にも積極的に参加しています。いろいろな場面で日本との違いを実感しているようです。
スポーツデーに参加した生徒から、写真とメールが届きました。
ターム留学2019ターム留学2019

Yesterday was Sports Day, so I went to school wearing a yellow T-shirt because my house color is yellow.
The schoolyard was colorful with 6 different colors. Students and teachers wore clothes of their own house color.
Some people had face painting. It was different from sports festivals in Japan.
In Japan, we don’t mix grades for each event, but here anybody can join any event regardless of grade.

I came in first in the 800-meter sprint. When teachers and team members said to me, “Good work!”, I gave high fives to them. I really had a fantastic experience.

<抄訳>
昨日はスポーツデーだったので、ハウスカラーの黄色のTシャツを着て登校しました。
校庭は6色で装飾され、生徒も先生もハウスカラーの服を着ていました。
フェイス・ペインティングをしている生徒もいました。
学年ごとに参加する日本の体育祭とは異なり、こちらでは学年とは関係なく競技をしました。
800mで1位になった時には、みんな「よく頑張ったね!」と言ってくれ、私もハイタッチをしました。本当に楽しい経験ができました。