学校生活

今週、中学2年生は多摩川に出かけていき、水生生物の観察を行いました。

多摩川や多摩丘陵の自然を教科書としてフィールドワークを行う、タマロジーという本校独自のプログラムの一環です。



生物の中には、きれいな水にしか暮らせないものもいれば、逆に汚い水にしか暮らせないものもいます。

どのような生物が見つかるかによって、多摩川の水の水質を調べることができます。

今年度は天候にも恵まれ、たくさんの種類の魚や昆虫などを発見することができました。



生徒たちはこれから振り返りを行い、多摩川の水質について考察していきます。