学校生活

オンライン授業の様子を担当教員にレポートしてもらいます。

中学1年生の理科では花のつくりを学んでいます。



花が美しいのは昆虫をおびき寄せて花粉を運ばせるためではないかとも考えられています。その根拠の1つとして、花の中には人間では見えないけれど昆虫には見える光を放っているものもあることが挙げられます。



今回の理科の授業は、カリタスの理科センターにある暗室からお届けしました。

暗室で部屋を真っ暗にして紫外線ランプを当てると、昆虫にしか見ることができない光が浮かび上がってくるのです。紫外線ランプを当ててキラキラと光る花の様子に、生徒たちは大盛り上がりでした。

真っ暗な暗室から授業をお届けすることができるのも、オンライン授業だからこそです。



授業の後半では、白い花はどのようにして白色を作り出しているのかを実験で確かめました。

実験前に生徒に理由を予想してもらったところ、自由な発想でたくさんの意見がチャットで送られてきました。