生徒の活躍

国会議員のための世界一大きな授業
本校の高校1年生が「フリー・ザ・チルドレン・ジャパン」の活動の一環として、国会議員による「世界一大きな授業」に参加し、20数名の国会議員を生徒に見立てたアクティブラーニングの授業で、司会とワークショップのファシリテーターを務めました。

「世界一大きな授業」は2003年にスターとした教育の大切さを考える世界規模のキャンペーンです。世界でほぼ同じ時期に実施され、昨年日本では506校、4万4千人の子どもたちが参加しました。
今年度の活動として、6月6日に議員会館において、中高生ボランティアが「先生」となって国会議員の「生徒」に途上国への教育支援の大切さを解く「国会議員のための世界一大きな授業」が行われました。

▽「世界一大きな授業2018」のWebサイト