カリタスの歩み

創立者の精神

「CARITAS(カリタス)」とは、ラテン語で「愛」を意味する言葉です。
「普遍的愛の母」と呼ばれた聖マルグリット・デュービルが創立した「カリタス修道女会」の名に由来しています。
聖マルグリット・デュービルは、18世紀のカナダで「愛の奉仕活動」に生涯を捧げた女性です。
デュービルは全ての人、特に恵まれない人、困っている人に対して深い思いやりと共感を示し、援助の手を差し伸べました。そうした活動の根底にあったのは、「神が全ての人を愛する父である」という深い信頼でした。

身近なところから始まったデュービルの奉仕活動は、やがて民族や国籍、宗教や文化の壁を超えて、普遍的な愛の奉仕をするひとつの共同体を生み出しました。これが「カリタス修道女会」です。
デュービルの普遍的愛の精神とその業績は世界的に認められるものとなり、1990年に教皇ヨハネ・パウロ二世によって聖人の列に加えられました。
聖マルグリット・デュービル
聖マルグリット・デュービル

デュービルの精神を
受け継いだシスターたち

19世紀には、デュービルの精神を受け継いだシスターたちは各地に派遣され、愛の奉仕活動の新たな道を開拓していきました。
1845年、オワタに派遣されたメール・エリザベト・ブルエールたちは「オタワ愛徳修道女会」を設立し、様々な国籍を持つ移住者とともに教育的活動に着手しました。
1849年、ケベックに派遣されたメール・マルセル・マレたちは「ケベック・カリタス修道女会」を設立し、孤児、病人、高齢者の世話をしながら教育活動の分野にも事業を広げていきました。
彼女たちは聖マルグリット・デュービルに倣い、当時の社会の諸問題に斬新的に取り組み、時代を先取りした国際的な感覚のもとに英仏二言語圏の教育を行いました。そして学校教育と同時に幅広く社会福祉、医療活動にも取り組み、いのちへの奉仕や正義と平和の実現に向けた具体的活動を推進していきました。
メール・マルセル・マレ
メール・マルセル・マレ

日本に派遣された
3人のシスターたち

1953年、カナダのケベック・カリタス修道女会は、戦後日本の社会的緊急課題であった学校教育の充実に応えるため、リタ・デシャエンヌ、ローズ・アンナ・バイヤルジョン、グロリア・ボリューの3人のシスターを派遣しました。

1960年、来日から7年、シスターたちの言葉の壁を乗り越えた献身的な働きによって学校法人カリタス学園が設立され、シスターリタ・デシャエンヌが初代理事長に就任しました。そして翌1961年、現在の川崎市多摩区中野島に初めてのカトリック学校、カリタス女子中学高等学校が誕生しました。真新しい校舎で中学生207名、高校生157名による第1回入学式が行われ、カリタス学園は輝かしいスタートを切りました。
来日した3人のシスター
創立者の三人のシスター

カリタス学園の歴史


1953年
ケベック・カリタス修道女会の3人のシスターが来日
1954年
東京都世田谷区若林にケベック・カリタス修道女会本部修道院を開設
1957年
カリタス学生寮開設
1960年
学校法人カリタス学園を設立
1961年
神奈川県川崎市多摩区中野島にカリタス修道院開設

カリタス女子中学高等学校を開設
1962年
カリタス幼稚園を開設
1963年
カリタス小学校を開設
1964年
カリタス女子高等学校に専攻科を新設

小学校校舎が落成
1966年
カリタス女子短期大学英語科を開設

(短大開設により、高等学校専攻科はこの年で終了)
1967年
幼稚園から短期大学までの一貫教育が完成
1968年
幼稚園の新園舎が落成
1970年
学園校内にプールが落成

創立10周年記念式典
1981年
短期大学の新校舎が落成、横浜市緑区(現青葉区)あざみ野に移転
1983年
短期大学に仏語科を設置
1985年
新体育館が落成

創立25周年記念式典
1990年
創立30周年記念式典

修学院跡地に小学校の新校舎が落成

新聖堂が落成

新プールが落成

中学高等学校に新図書館が落成
1995年
短期大学が改組転換し、言語文化学科(英語・英語圏文化専攻、仏語・仏語圏文化専攻、コミュニケーション文化専攻)を新設

中学高等学校でカナダ研修が始まる
1999年
創立40周年に向けて「カリタス年」を設定し、そのオープニングデイを行う
2000年
創立40周年記念式典「カリタス年」

クロージングデイを行う
2006年
中学高等学校の新校舎が完成

カリタス宗教センター「野菊の家」を新設

同窓会室の移転
2007年
法人・講堂棟が完成
2010年
創立50周年記念式典